現在位置: HOME > ニュース&コラム > 写真ニュース > 文化・社会 > 旧博物館動物園駅 駅舎一般公開



旧博物館動物園駅 駅舎一般公開

DSC00014.JPG
 東京都台東区上野公園の「旧博物館動物園駅 駅舎」が本日11月23日~来年の2019年2月24日まで一般公開中である。

 公開は同期間内の金曜・土曜・日曜に限定され、11時~16時(最終入場15時30分)。入場無料。


 駅舎内では、同公開に併せた展示「アナウサギを追いかけて」がおこなわれており、入口には巨大なアナウサギのオブジェ、
内部には3D骨格標本などが飾られている。

DSC00021.JPG


 また、内部スペースのガラス扉越からは、さらに地下へと繋がる階段を垣間見ることができ、その先は同駅のホームへと辿り着く。

 足を踏み入れることは無理だが、時折、京成電鉄が同ホームを通過する際の走音が地下から響き渡ってくる。

DSC00045.JPG

 
 旧博物館動物園駅は、1933年12月に京成電鉄の駅として開業。その後、東京帝室博物館(現・東京国立博物館)や恩賜上野動物園の最寄駅に利用されてきたが、利用者の減少に伴ない、1997年に営業休止、2004年に廃止となっている。2018年には景観上重要な歴史的価値を持つ建造物として、
鉄道施設では初めて”東京都選定歴史建造物”の選定を受けている。

キーワードで検索 

旧博物館動物園駅 駅舎一般公開()

バックナンバー

  • DSC00014.JPG
     東京都台東区上野公園の「旧博物館動物園駅 駅舎」が本日11月23日~来年の2019年2月24日まで一般公開中である。
    旧博物館動物園駅 駅舎一般公開
    2018.11.23 金曜日

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

最新の写真

最新の写真30件を表示する