現在位置: HOME > ニュース > ねじ・締結ニュース > 記事


[PR] 

日本ドリルねじ協議会 第25期定例総会開く、新会長に新城氏

 【ねじ・ネジ・業界紙】 日本ドリルねじ協議会(大場康弘会長=コクブ)は7月24日、兵庫県の宝塚ワシントンホテルで第25期(平成29年度)定例総会を開催し、第26期事業計画案ならびに予算案などを承認した。

 また、役員改選では新会長に新城公生氏(九飛勢螺)が就任。新役員体制でのスタートとなった。新年度では、前年度の活動実績などを踏まえ、ドリルねじ製品の更なる信頼性向上及び高度化などに努め、需要市場・分野の新規開拓、多種多様化する新製品開発等も視野に、同業者団体としての責任を遂行していく方針である。

第2445号7面

関連記事

powered by weblio




見出し一覧

nejinews

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

注目のニュース