現在位置: HOME > ニュース > ねじ・締結ニュース > 記事


[PR] 

大井製作所 電気絶縁ボルトスリーブタイプが実用新案に登録

 【ねじ・ネジ・業界紙】大井製作所 ㈱大井製作所(本社=大阪市港区。大井嘉清社長)では昨年より、電気絶縁性および耐食性に優れた「OHIミナフロン電気絶縁ボルトシリーズ」の新製品である「電気絶縁スリーブ」の生産を開始。

 去る12月12日には「配管連結構造」の名称で実用新案を特許庁に出願し、1月31日付で登録された。登録番号は第3215057号。

 同社では独自に積み重ねてきたノウハウと技術力で、高品質な電気絶縁ボルト製品を“OHI”ブランドのもとに提供。同社が運営するウェブサイト「絶縁ボルト.com」(www.ohi―insulation―bolt.com)でも製品ラインナップの紹介を行っている。

第2432号3面

関連記事

powered by weblio




見出し一覧

nejinews

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

注目のニュース