現在位置: HOME > ニュース > ねじ・締結ニュース > 記事


[PR] 

小林産業 ラインキャップ販売開始、マーキング工程不要でコストダウン

 【ねじ・ネジ・業界紙】小林産業 小林産業㈱(本社=大阪市西区南堀江。檜垣俊行社長)では昨年よりボルト・ナットのゆるみを目視で確認できる「LINE CAP(ラインキャップ)」の代理店販売を開始している。

 製造元は㈱ユーロックテクノパーツ(神戸市西区白水。竹中福康社長)。あらかじめラインの引かれた樹脂製ワッシャーとキャップが締結時に揃う独自構造により、従来必要としていたマーキング工程が不要となり、作業効率化や費用削減に貢献できる。

第2432号3面

関連記事

powered by weblio




見出し一覧

nejinews

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

注目のニュース