現在位置: HOME > ニュース > ねじ・締結ニュース > 記事


[PR] 

東日製作所 トルクデータを有線伝達、モデルチェンジで全8機種用意

 【ねじ・ネジ・業界紙】 ㈱東日製作所(本社=東京都大田区大森北。辻修社長)では、設定トルクに達した際の“カチン!”で自動的に締付けトルクデータを有線で伝達する「有線式データ伝送単能形トルクレンチCSPLDシリーズ」を開発。

 1月5日から販売を開始した。全8機種をシリーズラインナップに揃え、締付けトルクは2~280N・m、締付け対象ねじサイズはM5~M20程度。全機種受注時生産品。

第2426号3面

関連記事

powered by weblio




見出し一覧

nejinews

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

注目のニュース