現在位置: HOME > ニュース > ねじ・締結ニュース > 記事


[PR] 

台湾ファスニング見本市2018 4月10日~12日開催、日本企業に来場優待を用意

 【ねじ・ネジ・業界紙】 来たる2018年4月10~12日の三日間にわたり、「2018Taiwan International Fastener Show(2018台湾国際ファスニング見本市)」が台湾・高雄市ニューベイエリア地区の高雄展示ホール(Kaohsiung Exhibition Center)を会場に開催される。

 主催は台湾経済部国際貿易局。執行は中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)、台湾地区ねじ工業同業組合(TIFI)。

 なお、TAITRAでは日本バイヤー向けに①ホテル宿泊もしくは②航空券の優待を用意している。期限は3月26日まで(提供枠に達した場合は事前に締め切る)。

 ファスニング見本市の開幕が約半年後に迫った10月中旬、TAITRAの協力により、輸出先国の報道関係者を招いての現地取材が行なわれた。開催地の高雄に生産拠点を置く企業を中心に、同見本市に出展する計7社を訪問。各企業の見学会を実施し、日本からはねじ専門紙代表として本紙が招聘された(第1回見本市から連続参加)。

第2420号9面

関連記事

powered by weblio




見出し一覧

nejinews

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

注目のニュース