現在位置: HOME > ニュース > ねじ・締結ニュース > 記事


[PR] 

サンコーテクノ 3月期決算発表、営業改革などを推進

 【ねじ・ネジ・業界紙】 サンコーテクノ㈱(本社=千葉県流山市。洞下英人社長)の2017年3月期(平成28年4月1日〜平成29年3月31日)の決算によると、売上高が154億9千7百万円(前年同期比6・9%減)、営業利益が11億2千4百万円(同16・0%減)、経常利益が11億1千9百万円(同10・9%減)で、四半期純利益7億9千万円(同2・4%減)、前期実績に比べて減収減益の結果となった。

 民間設備投資・公共投資ともに底堅い動きがみられるも、建築・太陽光発電設備の着工量減少が影響し、減収・減益。しかし、ファスニング事業では第4四半期に復調傾向にあった。今後は現在進めている中期成長戦略を更に強化・推進していく方針である

第2404号8面

関連記事

powered by weblio




見出し一覧

nejinews

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

注目のニュース