現在位置: HOME > ニュース&コラム > ビジネス・産業 > 四輪・二輪


マツダ、アイストップ機構採用の新型アクセラ発表

新型アクセラ
11日都内で行われた発表会見で、新型アクセラを発表するマツダ山内孝社長。
新型アクセラ
i-stop搭載の新型アクセラ
※写真クリックで拡大
 マツダは11日、環境を考えたアイドリング時におけるエンジンの停止始動を自動に行う独自技術「i-stop(アイストップ)」採用の新型アクセラを発表した。燃費は初代モデルと比べ最大15%改善しているほか、停止・始動時における振動の軽減、車体の軽量化、新採用の自動無段変速機(CVT)など全面改良を施した。車両価格は166万円から267万8000円。全9車種中6車種が「エコカー減税」の対象となる。

 新型アクセラは、2.0リッター2WD車に独自アイドリングストップ機構「アイストップ」が標準装備される。アイストップは、燃焼エネルギーを利用することで停止したエンジンを約0.35秒で再始動することができる。この日行われた発表会見では山内孝社長が実体験として「40分の通勤(運転)時間のうち3分の1がアイドリングストップした」と説明してる。この他にもエンジン停止・始動時における振動や騒音も抑えているほか、燃費についてもアイストップを搭載した2.0リッター2WD車の場合、初代モデルと比べ最大15%改善させた。

 1.5リッター車では新採用の自動無段変速機(CVT)を組み合わせることで、スーポーティーな走りとクラストップレベルの1リッターあたり18.4キロメートルの低燃費を実現している。

 また、車体の貴金属使用量を約70%削減するシングルナノ触媒を2.0リッター2WD車とマツダスピードアクセラに新採用することで軽量且つ車体剛性を効率的に高めた。更に空力特性を見直すことで操舵性や走行時の直進安全性を向上させ、路面から伝わる振動や騒音、エンジン振動、風切り音を低減することで、静粛性、快適性も大幅に改善させた。他にもヘッドランプが進行方向を向き、夜間走行時の前方視界を大幅に向上させる「アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)&バイキセノンヘッドランプ」を新たに設定した。

 車種はセダンと5ドアのスポーツタイプの2タイプで、排気量は1.5リッターから2.3リッター。変速機は1.5リッターにCVT、2.0リッターには4EC-ATあるいは5EC-ATが、スポーツタイプのマツダスピードアクセラには6MTが採用されている。車体色は新たに青系の「セレスティアルブルーマイカ」、濃紺系の「インディゴライトマイカ」、濃灰系の「グラファイトマイカ」が追加され、計7色。

 新型アクセラは欧州、欧米、オーストラリアで先行販売され、好評を得ているという。国内では11日から販売が開始され、月間販売台数は2000台を計画している。

【関連記事】
マツダ山内社長「新型アクセラは経営革新の重要な役割」
マツダが北海道地区の販売網強化、2社を経営統合へ
マツダ「RX-8」を一部改良、新色&装備充実
マツダ、ハイブリッド搭載水素エンジン車リース販売開始
マツダがノルウェー仕様の水素自動車完成、今後はリース展開へ


関連記事

powered by weblio


前後の記事



記事バックナンバー

購読のご案内

取材依頼・プレスリリース

注目のニュース
最新の産業ニュース
  • 三協立山、木のぬくもりをプラスした木目調内外装材「グレインシリーズ」を発売 [10/23、9:37]
  • 京セラ、耐摩耗性と耐欠損性を向上させた切削工具用の新サーメット材種を開発 [10/23、9:32]
  • 清水建設、インドネシアで地上47階建て超高層ビルの建設工事を受注 [10/22、11:18]
  • 日立金属など、鉛フリー圧電薄膜を用いた3軸角速度センサーを開発 [10/22、10:50]
  • 三菱重工、内歯車を高速・高精度に加工する「三菱スーパースカイビングシステム」を開発 [10/21、9:53]
  • 写真ニュース
    DSC05635_R.JPG

    [続きがあります]

    「マレフィセント」、公開に先駆けアンジー&エルが来日

    最新の写真30件を表示する