現在位置: HOME > ねじぺディア > シンメトリーボルト


ねじ製品・技術>シンメトリーボルト

シンメトリーボルト

 (シンメトリーボルト=SYMMETRY BOLT) アートスクリューが開発したボルト。1本のボルトの軸にピッチの違う右ねじと左ねじを同時に形成したボルトで、転造加工での量産品としては、世界で初めてねじ用限界ゲージで通り・止りの基準を満たしたボルト。

 


製品特徴

緩まない

 右ナットが緩む方向は、左ナットには締め付ける方向になるために、緩みが発生しません。(財)日本品質保証機構で行った振動テストでも、17分間(3万回)の振動に対して、広範囲の締め付けトルクで緩まない事が立証されている。なお左ナットの締め付けが極端に弱い場合(右ナットの締め付けトルクの10%以下の場合)、緩みやすくなる。

精度が高い

 シンメトリーボルトの製品検査は、既存の検査測定具であるリングゲージ(JIS2級)で行う事ができる。右ねじの通・止、左ねじの通・止を別々に検査し、全てをクリアした製品のみが出荷される。さらにシンメトリーボルトは転造加工のため、十分な製品強度を保持している。また、引っ張り試験での引っ張り強さも、一般のボルトと変わらない。(引っ張り試験で破断する場所はねじ部で最も細いねじの谷の部分ですが、シンメトリーボルトは、ねじの谷径が一般のボルトと同じため、引っ張り強さの数値もほとんど変わらない)

海外のねじ規格にも適用

 国内のねじ規格(メートルねじ)のみでなく、海外のねじ規格(ユニファイねじ)にも対応が可能。M 8~M 24まで対応可能。

参考

取扱会社

 



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 12:39:47 (1963d)