現在位置: HOME > ねじぺディア > めっき


めっき

 

 (めっき・メッキ・鍍金) めっきとは、金属や樹脂などの非金属の表面に銅・ニッケル・クロム・金などの金属の密着性のある薄い皮膜を素材に施す技術。

 


めっきの目的

  • [装飾性]  素材外観を美化させる
  • [機能性]  耐磨耗性、接着性など機能面の効果
  • [防食性]  素材を保護する

めっきの種類

  • [電気めっき]   電解溶液中で品物を陰極として通電し、表面にめっき金属を電気化学的に析出させるめっき法。
  • [無電解めっき]  溶液中で還元反応を利用して品物の表面に化学的にめっき金属を析出させるめっき法。
  • [溶融めっき]  亜鉛や錫、アルミなどの金属を溶融した中に品物を入れ、溶融した金属を付着させるめっき法。
  • [真空めっき(真空蒸着)]  容器内を真空にして、金属や酸化物、窒化物などをガス化、またはイオン化して品物の表面に蒸着させるめっき法。
  • [陽極酸化]  硫酸やシュウ酸などの電解溶液中で品物を陽極とし、通電して表面に酸化皮膜を生成させる。アルマイトとも呼ばれる。
  • [溶融亜鉛めっき]   いわゆる“ドブめっき”。鉄鋼部品の防食用として用いられ、コストの割にはめっきの皮膜が厚く、耐食性、耐久性に優れているが、表面の粗さや外観は電気めっきに比べ劣る。

めっき処理方法

  • [治具掛け]  魚の骨の様な治具(ひっかけ)を使用してめっきする方法。ラックの形状やひっかけ方法は、色々なものがある。対象製品は主に中~大物。
  • [バレル]  円筒形の容器に品物を入れ、その容器を浴中で回転させながらめっきする方法で、小さな品物を大量にめっきできる利点がある。容器の仕様も色々なものがある。

データサイト

参考




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-01 (日) 12:39:44 (1961d)